What's New
留学を機に人間が変わったようになった友人

留学を機に人間が変わったようになった友人といえば

●女性 41歳
留学を機に人間が変わったようになった友人といえば、大学時代の友人たちが浮かびます。
アメリカ留学から帰国しているはずなのに、一か月間誰にも姿を見せず、病気にでもなったのかと皆で噂していました。
留学して1年、留学先の食生活にすっかりなれたと思ったら10kg体重が増えてしまったそうです。
帰国後、女子なのに男子に間違えられたり、ひとまわり大きくなって別人のような外見になってしまい、大学へ復学する前に必死でダイエットしていたそうです。

留学したての頃は、アメリカのケーキが油っぽく激甘で耐えられなかったのが、いつの間にか美味しくてたまらなくなったら、もうすでに体重が戻せなかったそうです。

もう一人は今時の学生だったのに、保守的な真面目な容姿になって帰国しました。
同じアメリカへ行っても西海岸へ行った友人は社交的になっているのに、北の寒い保守的な地域に留学した友人は、違いました。

留学先でショートパンツをはいて通学したら「そんなカッコをして誘っているの」と言われたそうです。
見渡せばショートパンツなんてはいている人は一人もおらず、みな長袖長ズボン、肌を露出している女性はいなかったそうです。
適応していたら、日本のファッションとずれてしまったそうです。

Copyright (C)2017留学を機に人間が変わったようになった友人.All rights reserved.